宝塚月組バッディの感想と見どころ!ショーの内容と評判は?

宝塚歌劇月組「BADDY – 悪党(ヤツ)は月からやって来る-」を観てきました!

型破りなショーだと話題でしたが、ウワサ通りでした!

ストーリー仕立てのショーっていうのも珍しく、最後まで楽しく観ることができました^^

月組のショー「BADDY」の魅力を紹介します!

スポンサーリンク

月組「BADDY」の感想と見どころ!

結論からいうと、今までで観た宝塚のショーの中でナンバーワン!

BADDYが観たいがために、3回も大劇場に通いました(笑)私の地元は名古屋なんで、交通費がすごいことになりました^^;

●見どころ その1

ストーリー仕立てでショーが進んでいくという面白さ!

最初から最後まで同じキャラクターのままショーが進んでいくので、見ていてわかりやすかったです。

ショーのストーリーは後半にまとめました!

 

今までのショーは、1場面ごとに設定があって、観ている観客はそれを一場面ごとに理解する作業の繰り返し。

はっきり言って、理解できない場面もあります^^;

そういう疑問を抱くことなくショーを観ることができるというのは画期的だと思いました!

 

●見どころ その2

これまでの常識をくつがえすショーの構成!

今までもショーの構成といえば、プロローグ、ショーの中盤で盛り上がる中詰、エンディング間近でのロケットダンス、大階段からの群舞とボレロ、トップコンビによるデュエットダンスフィナーレという、大体の流れはこんな感じ。

「バッディ」でもこの要素は入っているんですが、いつもと違った形で定番のショーの構成をはめていくという、意外性があって本当に面白かったです!

ショーの流れ以外でも、ダンスの種類や衣装などショーならではの見どころがしっかりと押さえてあったのも良かったです。

 

珠城りょうさんの燕尾服は個人的には一番の見どころ!!銀橋を渡る仕草がとってもグッときます!

全てのシーンに意味があり、ダンスも気持ちを込めて観ることができるのも良かったです!

 

愛希れいかさんのラインダンス直前まで踊った迫力のグッディ捜査官の怒りのダンスは注目です!あのシーンにトップ娘役さんが参加するっていうのもなかなかないです。

愛希れいかさんのダンスの上手さやキレも際立って男役のボレロ並にカッコいいです!

 

●見どころ その3

魅力的なキャラクター

珠城りょうさん演じるバッディの憎めない悪党キャラ

愛希れいかさんの正義感溢れるグッディ捜査官

美弥るりかさん演じる男役なのにおネエキャラのスイートハート

月城かなとさん演じるグッディを追いかけるポッキー巡査

などなど、一場面ごとにキャラクターの魅力が増えていって楽しい!

 

とくに美弥るりかさん、男役でおネエを演じた人って今までいるんでしょうか?!これは面白い設定でした!

スイートハートは、ショーの後半、女装もするんですが自然な流れで女装をしているのがGOOD!!

 

見どころを挙げたらキリがない!本当にどの場面もショーのベストシーンを切り取ったような出来でした^^

できればもう一回(4回目w)観たいと思った作品でした!

 

スポンサーリンク

「BADDY」のストーリーは?

「バッディ」のストーリーは、「月から悪党がやってきて地球の平和を乱していく」というもの。

月から平和な地球に降り立ったバッディ(珠城りょう)たち一味は、悪さをして地球をめちゃくちゃにしていきます。

 

プロローグ

地球で平和を守ってきたグッディ捜査官(愛希れいか)は、犯罪を取り締まるためにもバッディ逮捕に奮闘します。

そんなグッディに片思いするポッキー巡査(月城かなと)は、疲れたら休んで欲しい、「ぼくは君の止まり木になりたい」と想いをつのらせるのでした。ここ、オープニングのカッコよさからガラッと昭和歌謡っぽい曲調がナイスでした(笑)

 

バッディは束の間の休息に海辺のレストラン「ブルー・ラグーン」へ。

料理を食い逃げをしようとしたところ、おとり捜査をしていたグッディがバッディを逮捕!

バッディはそんなことお構いなしにグッディは自分に気があると思い込んだところで、ポッキー巡査がグッディとバッディの間に割って入ります。

ポッキーはそのままバッディに捕まって「人質」に!

 

バッディのアジトでは、スイートハート美弥るりか)が地球に来てから変わってしまったバッディのことを嘆いていました。そこへ人質のポッキーと酔っ払って帰宅したバッディにスイートハートは呆れ顔。

「い~ま帰ったよ~」というバッディは酔っ払いのように手にはお土産をぶら下げています(笑)ポッキーが介抱して帰宅したことで「その人だれ?」と冷たい言葉を放つスイートハート。その気持ち、わかりますよ!

ポッキーの実らない恋に同情したバッディは、スイートハートに恋のレッスン(というかただの悪事)を勉強させます。少しだけレッスンの成果が出たところで侵入者が来たことを知らせるサイレンが鳴り響きます。

中詰

グッディがバッディのアジトを包囲しますが、バッディは余裕です。追いかけてきてくれたグッディを口説き始めますが、悪事に手を染めるポッキーを見つけて慌てて追いかけます。

グッディに無視されてショックを隠せないバッディにスイートハートが「君は変わってしまった」と告げます。その言葉にバッディは目を覚まします。

ビックシアターバンクに惑星予算が収められるという情報を手に入れたバッディは、宇宙一の大悪党を全うしようと動き出します。

 

グッディ捜査官は、惑星予算が狙われているとウワサを聞いてビックシアターバンクの舞踏会に駆けつけますが、変装したバッディ一味にまんまと惑星予算を盗まれてしまいました。

自分の信念を踏みにじられたグッディの怒りは頂点に達します。

ロケットダンス

 

大階段での群舞

大悪党としての仕事を終えたバッディは、仲間たちとアジトに戻りますが突然爆発が起きてアジトが燃え始めます。爆破をしたのはポッキー巡査でした。

自分の信念を貫いたポッキーにスイートハートは「君こそ本物のデンジャラスな男」と認めるのでした。

デュエットダンス

追いかけてきたグッディと対峙するバッディ、燃えるアジトに逃げ場のない二人はお互いの気持ちを確かめて炎の中へ消えていきました。

 

フィナーレ

ピースフルプラネット地球に再び平和が訪れます。

消えてしまったはずのバッディでしたが、天国にいることに気づくと、慌ててサングラスをかけて喫煙!「天国は禁煙です!」と言われてもバッディは最後まで自分のスタイルを貫く大悪党だったのでした。

 

「BADDY」の評判は?

「バッディ」を見終えた隣のお客さんが「ショーだけのチケットないの?」と言っていました。私もそう思いましたw

でも前半の「カンパニー」もとっても良い劇ですからセットで見ましょう^^

 

月組「BADDY」は、個人的にはこれまで観てきたショーの中でも一番面白かったです!

宝塚観劇する初心者にもオススメのショーです!こんなに分かりやすくて楽しいショーは今までなかったです!

定番のショーを観てきたからこそ感じるところもありますが、「観て楽しい」というのがショーの醍醐味だと思います!

月組の全ての出演者の魅力が全力で伝わる素晴らしショー、こんな楽しい作品がちゃんとあるから宝塚ファンはやめられません!

スポンサーリンク