宝塚星組ロミオとジュリエット2020キャストは誰?役替りはある?

星組

宝塚歌劇 星組公演「ロミオとジュリエット」2020年に公演されますね!

宝塚版「ロミオとジュリエット」は初演から4度目の再演になります!

トップスター礼真琴さんはこれまでの星組「ロミオとジュリエット」2公演すべてに出演!

礼真琴さんは3度目の「ロミオとジュリエット」出演となりますね。

2020年、星組公演「ロミオとジュリエット」についてまとめました。

 

スポンサーリンク

星組「ロミオとジュリエット」の配役は?主要キャストを予想!

フランス発ロック・ミュージカル「ロミオとジュリエット」の主要キャストは

ロミオ:モンタギュー家の息子

ジュリエット:キャピュレット家の娘

ティボルト:キャピュレット家の跡取り、ジュリエットのいとこ

マーキューシオ:ロミオの親友

ヴェンヴォーリオ:ロミオの親友

乳母:キャピュレット家でジュリエット付のばあや

ロレンス神父:ロミオの理解者

モンタギュー夫人:ロミオの母親

キャピュレット夫人:ジュリエットの母親

パリス:ジュリエットの婚約者

死:ダンサー

愛:ダンサー

 

このあたりがミュージカルの中では印象に残るキャラクターだと思います。

ダンスだけで「死」と「愛」を表現するこの役は「ロミオとジュリエット」では重要な存在!

ロミオたちの心情の変化や物語の転機となる場面で登場するので個人的に注目しています。

ちなみに「愛」は、宝塚版のみ!小池修一郎先生のセンス、ほんとにすごいと思います!

 

「ロミオとジュリエット」主要キャスト予想

ロミオ:礼真琴

ジュリエット:舞空瞳

ティボルト:愛月ひかる

マーキューシオ:瀬央ゆりあ

ヴェンヴォーリオ:極美慎

 

乳母:天寿光希

ロレンス神父:ひろ香祐

 

モンタギュー夫人:有沙瞳

キャピュレット:小桜ほのか

 

こんな感じで予想してみました!

キャストについては、おそらく役替りもあると思うので、まだまだ気になることが多いですね!

 

 

スポンサーリンク

星組「ロミオとジュリエット」2020役替りは?

「ロミオとジュリエット」でこれまで役替りは、

  • ジュリエット
  • ティボルト
  • マーキューシオ
  • ヴェンヴォーリオ
  • パリス

というキャストでの役替りがありました。

これまで「ロミオとジュリエット」は4度の公演がありました。

  1. 星組(2010年 初演):トップスター柚希礼音・娘役トップスター夢咲ねね
  2. 雪組(2011年):トップスター音月桂・娘役トップスター 不在
  3. 月組(2012年):トップスター龍真咲/準トップスター明日海りお・娘役トップスター愛希れいか
  4. 星組(2013年):トップスター柚希礼音・娘役トップスター夢咲ねね

 

4度の公演の中で役替りがあったのは3公演。

2010年の初演での役替りはなし!

 

2011年の雪組公演では、ヒロイン「ジュリエット」の役替り!

雪組トップスター音月桂さんの相手役がまだ決まっていなかったことで

ジュリエットを、舞羽美海さんと夢華あみさんが役替りで演じました。

この後、音月桂さんの相手役が舞羽美海さんに正式に決定!

当時の出来事に、これは娘役トップスターのオーディションだったのかなと勝手に思っていました^^;

夢華あみさんのジュリエットも観てみたかったという宝塚側の思いもあるのかなー、、、。どちらにしろ役替りがあると、チケットを買うのも大変です^^;

 

2012年の月組公演では、「ロミオ」と「ティボルト」の役替り!

当時 準トップというポジションだった明日海りおさんが主演のロミオを演じるという異例の配役!

もちろん月組トップスター龍真咲さんもロミオとティボルトを演じました。

月組公演の明日海りおさんのロミオ初日を観劇しましたが、まだまだ不安定なロミオで「役替り」の大変さを感じた覚えがあります。

さらに準トップスターという異例のポジション、ロミオのイメージにぴったりな明日海りおさんにどうしても主演で出演させたかったのかしら?と思わずにはいられない配役でした^^;

 

2013年の星組公演の役替りは、ちょっと役替りし過ぎです^^;

  • ティボルト:紅ゆずる、真風涼帆
  • マーキューシオ:壱城あずさ、天寿光希
  • ヴェンヴォーリオ:紅ゆずる、礼真琴
  • パリス:壱城あずさ、天寿光希
  • :真風涼帆、麻央侑希
  • :鶴美舞夕、礼真琴

生徒さん大変だったと思います^^;

 

2020年の星組公演での役替りは、

  • ティボルト
  • マーキューシオ
  • ヴェンヴォーリオ

この3役の役替りはあるのではないかと予想しています。

チケット取るのは大変ですけど、何度観ても発見があるミュージカルなので、役替りはわりと歓迎派です^^

 

宝塚版「ロミオとジュリエット」の初演は?

「ロミオとジュリエット」はいろんなバージョンが公演されていますが、2020年に公演される「ロミオとジュリエット」は、フランスで作られた作品です。

フランス発のロック・ミュージカル「ロミオとジュリエット」の初演は2001年。作詞作曲はジェラール・プレギュルヴィックさん。

フランスで初演の後、宝塚で初めて上演したのは2010年の星組公演でした。

この時は宝塚大劇場での公演ではなく、梅田芸術劇場と博多座。

こんな大ヒット作を最初に大劇場でやらなかったのはどうしてなんでしょうね^^;

 

まとめ

間違いなくチケット入手困難になりますね^^;役替りもあるんで、2回は観劇したいと思っています。

礼真琴さんが新人公演でロミオを演じたのが2013年と7年前になるんですね。

どんなロミオになるのか、本当に楽しみです!個人的に今現在のマイ・ベスト・ロミオは音月桂さん。

礼真琴さんもロミオにぴったりのイメージですが、想像以上に素敵なロミオになるんじゃないかと思っています^^

ジュリエットも舞空瞳さんにとても似合うと思います^^

2020年の宝塚星組「ロミオとジュリエット」が今からほんとに楽しみです!

スポンサーリンク