【星組・御園座】王家に捧ぐ歌あらすじ・キャスト!初演や宙組と配役を比較!

星組 王家に捧ぐ歌 星組

2022年2月 宝塚歌劇 星組公演「王家に捧ぐ歌」

名古屋 御園座宝塚公演が1年ぶりに帰ってきました^^

宝塚の御園座公演は、2020年2月公演「赤と黒」以来なので、嬉しいです!

2022年星組「王家に捧ぐ歌」のあらすじや歴代キャストをまとめました。

 

スポンサーリンク

宝塚「王家に捧ぐ歌」あらすじ 原作はオペラ「アイーダ」

初演は2003年星組、そして閉場してしまった名古屋の「中日劇場」でも公演された作品です。

2015年には宙組の大劇場公演として朝夏まなとさん・実咲凜音さんのお披露目の作品ともなった名作です!

「王家に捧ぐ歌」の元ネタはヴェルディ作曲のオペラ「アイーダ」

主演はアイーダと女性なのですが、宝塚ではアイーダの相手役となるラダメスを中心に物語が描かれています。

 

「王家に捧ぐ歌」あらすじ

エジプトとエチオピアは長く戦いを繰り返している敵国同士。

エジプトの若く勇敢な戦士ラダメスは、次のエチオピアとの戦いに「将軍」として出陣したいと願っていました。

先の戦いでエチオピアから捕虜となったアイーダは実はエチオピア女王。

ラダメスに命を助けられ、今はエジプト王ファラオの娘でエジプト女王アムネリスの奴隷という身分となっていました。

 

ラダメスはエチオピアから連れてきた美しい囚人アイーダに想いを寄せていました。

アイーダもまたラダメスを想っていましたが、敵国の戦士であり囚人の身分となった自分の立場をわきまえて密かに胸にしまうことしかできません。

 

密かに愛するアイーダのため「戦いに勝利した後、エチオピアを解放する」と約束するラダメスに、アイーダは「戦いは新たな戦いを生むだけ」と戦争の意味を問います。

ラダメスとアイーダのやり取りに割って入ってきたエジプト女王アムネリスもまた、ラダメスに想いを寄せていました。

アムネリスは二人の雰囲気からラダメスとアイーダは想い合っているのではと感じていました。

 

エチオピアとの戦いの将軍にラダメスが選ばれ、アイーダとの約束を胸に出陣します。

見事エジプト軍が勝利、その吉報を受けたアムネリスはアイーダに「戦いに勝ったがラダメスは戦死した」と嘘を告げます。

密かに愛していたラダメス、祖国エチオピアの両方を失って泣き崩れるアイーダを見てアムネリスは怒りに震えます。

「身分違いも甚だしい、ラダメスはエジプト女王の私にこそふさわしい」

と、アイーダのラダメスへの想いはかなわないと罵ります。

 

ラダメスはアイーダとの約束どおり「エチオピアの解放」をエジプト王ファラオに許してもらいます。

エジプトに平和が訪れますが、ひそかにエチオピア軍の残党が復讐に燃えていました。

 

捕虜から解放されたアイーダの父(エチオピア王という身分は隠している) アモナスロは、ラダメスに会いに行く娘に声をかけます。

アモナスロは、アイーダにファラオ王の暗殺に役立つ情報をラダメスから聞き出すようにと迫ります。

 

ラダメスの情熱的な愛の告白に思わず応えたアイーダでしたが、幸せの胸中にもアムネリスの存在がこの想いを不安にさせます。

ラダメスへの愛か、父アモナスロが望む祖国の復活か、迷うアイーダ。

そしてラダメスとの会話の中でアイーダは意図せずファラオ王がひとりになるタイミングを知ってしまいます。

 

アイーダはラダメスと身分を捨てて二人で生きることを選びますが。。。

 

スポンサーリンク

星組「王家に捧ぐ歌(2022)」初演・宙組キャストと比較!

「王家に捧ぐ」はこれまでに初演を含めて4回上演されています。

  • 2003年:星組  大劇場※初演
  • 2005年:星組 中日劇場
  • 2015年:宙組 大劇場
  • 2016年:宙組 博多座

2003年・2005年の星組はトップスターコンビなどの主要キャストの変更はなし。

2015年・2016年の宙組も同じく主要キャストの変更はほとんどありませんでした。

 

「王家に捧ぐ歌」のヒロインはアイーダなんですが、初演では当時の男役2番手スター安蘭けいさんがアイーダを演じました。

そして2度目の中日劇場公演でもアイーダを演じています。

さらに安蘭けいさんが星組トップスターを退団直後にもほぼ同じストーリーの作品「AIDA」でアイーダを演じています。

安蘭けいさんは「王家に捧ぐ歌」のアイーダ役を3度も演じています^^!

当時の星組のトップスターコンビは湖月わたるさん・檀れいさんだったのですが、娘役トップの檀れいさんはファラオの娘アムネリスを演じました。

今回の御園座公演では、舞空瞳さんがアイーダとアムネリスどちらを演じるのかもちょっと注目しています。

 

【王家に捧ぐ歌】歴代キャストまとめ

◆ラダメス:エジプトの若き勇敢な戦士

  • 星組2022:礼真琴
  • 初演 星組:湖月わたる
  • 宙組:朝夏まなと

 

◆アムネリス:エジプト女王、ファラオの娘

  • 星組2022:??舞空瞳??
  • 初演 星組:檀れい
  • 宙組:伶美うらら

 

◆アイーダ:エチオピア女王

  • 星組2022:??舞空瞳??
  • 初演 星組:安蘭けい
  • 宙組:実咲凜音

 

◆ウバルド:アイーダの兄、エチオピア戦士

  • 星組2022:
  • 初演 星組:汐美真帆
  • 星組 中日劇場:真飛聖
  • 宙組:真風涼帆

 

◆ファラオ:エジプト王

  • 星組2022:
  • 初演 星組:箙かおる
  • 宙組:箙かおる

 

◆アモナスロ:エチオピア王、アイーダの父

  • 星組 2022:
  • 初演 星組:一樹千尋
  • 宙組:一樹千尋

 

まとめ

2022年2月宝塚歌劇 星組「王家に捧ぐ歌」のあらすじや歴代キャストをまとめました!

初演では当時男役2番手スターだった安蘭けいさんが物語の実質のヒロイン アイーダを演じて話題でした。

「王家に捧ぐ歌」はラダメスが主演ですが、同じストーリーでアイーダを主演とした舞台もあります。

宝塚ではなく外部で上演された「AIDA」は、初演でアイーダを演じた安蘭けいさんが退団した直後にアイーダを演じました!

2009年のこの公演、観にいきました。

作品のポスターからもアイーダの強い女性という雰囲気がしっかりとあって、力強くてそして愛のあふれる舞台でした。

いろんなテーマを盛り込んだ作品なので、何度も観ていろんなことを考えてしまう物語です。

木村信司先生のピンと張り詰めたようなスキのない演出も大好きです^^

そして作中に登場する謎の歌詞「すごつよ」も語り草ですw

久しぶりの御園座公演、無事に初日を迎えることをまずはお祈りしています。

スポンサーリンク

宝塚ライブ配信は「U-NEXT」がおすすめ!

U-NEXT登録方法

「U-NEXT」おすすめな理由をチェック!
31日間無料お試しができます♪