月組【今夜ロマンス劇場で】あらすじ!宝塚版と映画キャストを比較!

月組 今夜ロマンス劇場で 月組

宝塚歌劇 月組公演「今夜、ロマンス劇場で」は、新生トップコンビ月城かなとさんと海乃美月さんの大劇場お披露目公演です。

2018年に綾瀬はるかさんが主演で公開された映画が原作の作品、宝塚版とキャストの比較をしてみました^^

月組「今夜、ロマンス劇場で」の気になることをまとめました!

 

スポンサーリンク

月組「今夜、ロマンス劇場で」映画版のあらすじ

映画版「今夜、ロマンス劇場で」あらすじ

映画会社「京映」で働く助監督の牧野健司(坂口健太郎)は、毎日の雑用に追わて忙しい日々を送っていました。

映画好きな健司の唯一の癒やしは、館長の本多(柄本明)のいる馴染みの映画館「ロマンス劇場」でモノクロ映画「お転婆姫と三銃士」を見ること。

映画のヒロイン美雪(綾瀬はるか)に特別な想いを馳せる健司でしたが、ある時「お転婆姫と三銃士」のフィルムを映画収集家が欲しがっていることを知ります。

買い取られてしまうともう見ることができない美雪の姿、ですが健司には成すすべもなく、ただ最後の上映を見守ることしかできません。

複雑な想いで見る「お転婆姫と三銃士」、そんな中で突然ロマンス劇場に雷が落ち、停電し劇場内は真っ暗。

停電が収まると、劇場内には今までスクリーンで見ていた美雪の姿が現れます。

美雪はスクリーンから抜け出したかのように、色のないモノクロ姿でした。

美雪の元へ近づこうとする健司でしたが、美雪は高飛車な態度で「お前は今日から渡しの下僕だ!」と言い放ちました。

 

色のない美雪を映画会社のメイク室へ連れていき、衣装も着替えてもらうと映画の中で見るよりも輝く美雪の姿に驚きます。

健司は美雪と不思議な共同生活を送るようになります。

撮影所の所長の娘 塔子や、「ハンサムガイ」で人気の看板スター 龍之介、健司の友人で同じく映画青年の伸太郎など、個性豊かな人たちに出会って色彩があふれる毎日を送るふたり。

いつしか健司と美雪、二人は惹かれ合っていきます。

ですが、美雪はスクリーンから出てくることと引き換えにある秘密を抱えていました。

おすすめ

博多座公演 月城かなと・海乃美月 プレお披露目作品

月組 川霧の橋

【月組】川霧の橋あらすじ・キャスト!原作や初演と再演の配役を比較!

 

スポンサーリンク

月組「今夜、ロマンス劇場で」登場人物とキャスト!宝塚版と映画と比較!

映画版「今夜、ロマンス劇場で」主演綾瀬はるかさん!

ですが、宝塚版となると男役トップスターがメインになります。

なので、坂口健太郎さんが演じた美雪の相手役「健司」が中心の話になりそうですね。

映画版のキャストは人気俳優から個性派俳優も揃うかなり豪華なキャストです!

健司のお気に入りの映画「お転婆姫と三銃士」に登場する三銃士のひとりを竹中直人さんが演じているところ、すごいなと思いました!

 

宝塚版の配役が一部発表となりました!

鳳月杏さんが北村一輝さんが演じた龍之介を演じるんですね^^似合っていると思います!

 

【牧野健司】映画会社で助監督として働く青年。

  • 宝塚版:月城かなと
  • 映画版:坂口健太郎

 

【美雪】モノクロ映画から飛び出してきた女優。

  • 宝塚版:海乃美月
  • 映画版:綾瀬はるか

 

【後藤龍之介】「ハンサムガイ」シリーズで人気の俳優。

  • 宝塚版:鳳月杏
  • 映画版:北村一輝

 

【成瀬塔子】撮影所の所長の娘。健司に片思いしている。

映画版:本田翼

 

【山中伸太郎】健司の親友で同じ映画会社勤めの青年。塔子に片思い。

映画版:中尾明慶

 

【本多正】「ロマンス劇場」館長。健司の理解者。

映画版:柄本明

 

【吉川天音】看護婦

映画版:石橋杏奈

 

【入院中の老人】余命わずかな老人。看護婦の天音にある物語を話す。

映画版:加藤剛

おすすめ

珠城りょう 退団公演 観劇レポート

桜嵐記

【月組】桜嵐記の感想!珠城りょう退団公演の観劇レポート!

 

まとめ

月組公演「今夜、ロマンス劇場で」のあらすじや映画版キャストなど気になることをまとめてみました。

珠城りょうさんと美園さくらさんの後を継いだ、新生月組トップコンビ 月城かなとさんと海乃美月さんの大劇場お披露目公演!

個人的な意見ですが、演出の小柳奈穂子先生は、元ネタありの作品を舞台化するのがとても上手いと思っています^^

コメディでもありロマンスもたっぷり感じられるステキな作品になる予感しかしません!

新生月組で月城かなとさん・海乃美月さん、そして月組生の新しい魅力をたくさん見ることができそうで楽しみです!!

スポンサーリンク