【星組】エストレージャスの感想!ショーの曲タイトルまとめ!

星組

宝塚歌劇の2019年最初の舞台は星組からスタート!

宝塚歌劇団 105周年となる今年は、何度も再演をしている名作「霧深きエルベのほとり」と新作ショー「エストレージャス」の二本立てとなります。

2019年1月3日にBSプレミアムで放送された「エストレージャス」を観た感想をまとめました!

 

スポンサーリンク

「エストレージャス」感想

「エストレージャス」とは、スペイン語で「星たち」という意味。

なので、ショー全体が「星」をイメージしていましたね。

セット、音楽、衣装、全部が「星」!

タイトル通りでショーのテーマが迷子になることがなかったので最後まで安心して観ることができました。

>>【紅ゆずるサヨナラ公演】エクレールブリアン感想!フィナーレ大階段の群舞が最高!

1章「プロローグ」

センターにトップスター 紅ゆずるさんが小さなセリ舞台に乗っていました。

弧を描くように数段ある階段ステージが囲んで娘役トップ綺咲愛里さん他、娘役さんがスタンバイ!

衣装は、青を基調にした星組カラーから、途中でトップコンビが白い衣装に変わってました。

「エストレージャス」のテーマ曲は、カッコいいというイメージでした。

でも1回聞いただけでは覚えられない、、個人的にはショーのテーマ曲としてはイマイチかも^^;

 

それに続いて2章「スターライト」へ。

ここではJ-ポップのオンパレード!

聞き馴染みのある曲ばかりだと思うんですが、私は知らない曲が多かったです^^;

 

印象的だったのは、パステルイエローのスーツを着た七海ひろきさんが、平井堅さんの「ポップスター」を歌っていました。相手役には有沙瞳さん。

この度、退団する七海ひろきさんの姿をしっかりと目に焼き付けねばと真剣に観た場面でした。

 

3章「星夢(スタム)」

いきなり紅ゆずるさんがタバコをくわえて登場!仕草がめっちゃかっこよかったです!!

でも煙草のシーンは、この後になんの意味もなし。。

思ったほどハードボイルドな場面ではなかったので、あとで「あれ何だったの?」という喫煙シーンでした^^;

 

4章「Back!」

若手男役たちが幕前で踊りまくり!という場面でした。

K-POPアイドル INFINITEの「Back♪」を歌う礼真琴さんを中心とした男役群舞が素敵でした^^

 

5章「アスタリスク メドレー」

先程のJ-ポップから真逆の洋楽のオンパレード!

「ホットスタッフ」「ターンザビートアラウンド」「サニー」と往年の洋楽ヒットが続きました!

綺咲愛里さんの歌があまりハマらずちょっと残念でした。

 

ここで星組全員が登場する「中詰」になりました。

オレンジレンジの明るいナンバー「チャンピオーネ」は紅ゆずるさんにぴったり!

客席に登場した星組の人たちがキラキラして、お客さんの目もキラキラでした^^

 

続いて「ロケット」

「エストレージャス」のテーマ曲に合わせて赤と黒を基調とした衣装でラインダンスでした。

 

6章「星サギの夜」

テーマは「銀河鉄道の夜」ということで、ジョバンニを紅ゆずるさん、女性ですがカンパネラを綺咲愛里さんが表現。

セリフなしでの表現なので、前情報がないと意味がちょっとわからないですが^^;白い衣装と群舞がきれいな場面です^^

 

7章「フィナーレ」

瀬央ゆりあさんが登場!安心感のある歌声でホッとしました^^

続いて娘役の群舞、綺咲愛里さんの黒髪ショートヘア姿がとてもかわいかったです!

 

大階段から燕尾服で星組男役たちが登場してのボレロ!

シックな黒燕尾でショーが締まった気がしました。

曲は「情熱大陸」のテーマ曲に似ていたんですが、どうなのかなと気になりました。

 

トップコンビのデュエットは、紅ゆずるさんは黒燕尾のまま、綺咲愛里さんはピンク色に白いレースがあしらわれたドレスで登場!よく似合っていました^^

ショーのラストパレードでは、金色と白の衣装が眩しかったです。「エストレージャス」のテーマ曲を歌いながらのエンディングでした。

 

スポンサーリンク

エストレージャスに登場した曲タイトルまとめ

第2章「スターライト」で使われた曲は

・セカイノオワリ「スターライトパレード」

歌:礼真琴

プロローグが終わった直後に銀橋で歌ったいたのがこの曲です。

 

・平井堅「ポップスター」

歌:七海ひろき・有沙瞳

ドラマの主題歌として有名な曲ですね。

 

・MISIA「僕はペガサス 君はポラリス」

歌:華鳥礼良・瀬稀ゆりと

七海ひろきさん他 星組生が踊る中で歌ってくれていました。

 

・flumpool「星に願いを」

歌:七海ひろき・天華えま・紫藤りゅう 他

タイトルをみてびっくり!すべて「星」をテーマにした曲になっていたんですね。

歌詞が七海ひろきさんのお別れの曲のようで寂しくなりました(/_;)

 

第3章「星夢(スタム)」で使われた曲

・ドナ・サマー「ホットスタッフ」

歌:紅ゆずる

ドナ・サマーの名曲です!真夏に似合う曲ですが紅ゆずるさんならいつでも似合いますね!

 

・グロリア・エステファン「ターン・ザ・ビート・アラウンド」

歌:綺咲愛里

コーラス程度の歌声でした。

 

・ボビー・ヘブ「Sunny」

歌:礼真琴

とても素敵でした^^甘い歌声ってこれをいうんだなとシミジミと思いました。

 

・オレンジレンジ「チャンピオーネ」

歌:紅ゆずる 他 星組全員

明るい曲で客席全体が楽しい雰囲気になりました!

 

4章「バック」で使われた曲

・INFINITE「Back」

歌:礼真琴・瀬央ゆりあ 他 星組男役

K-POPのキレのある歌と踊りは宝塚版でもカッコいいですね!!

>>【紅ゆずるサヨナラショー】曲名と感想!宝塚千秋楽の退団あいさつに泣き笑い!

 

まとめ

2019年の宝塚歌劇105周年最初のショー「エストレージャス」の感想をまとめました。

全体的にスタンダードなショーで、新しくもなく古さも感じない、宝塚としては定番のレビューでした。

生で観ていないので、宝塚大劇場で観たらもっと違った感動があるんだと思います。

やっぱり生で観劇したいです!!

スポンサーリンク