【宙組ネバーセイグッバイ】あらすじキャスト!2022年再演と初演の配役を比較!

宙組 ネバーセイグッバイ 宙組

2022年2月より宝塚歌劇 宙組公演「ネバー・セイ・グッバイ」が上演されます。

宝塚、そして宙組で2度目の再演となります!

2006年に当時のトップスターコンビ和央ようかさん・花總まりさんの退団公演がこの作品でした。

小池修一郎先生演出、そして現在和央ようかさんの旦那さまとなったフランク・ワイルドホーンさんの音楽という豪華な内容!

今回主演となる真風涼帆さんはこの作品で初舞台生(92期生)として出演しています。

2022年宙組公演「ネバー・セイ・グッバイ」のあらすじや初演キャストなどまとめました!

 

スポンサーリンク

宙組「ネバー・セイ・グッバイ」あらすじ

初演は2006年、宙組の当時のトップスター和央ようかさん、花總まりさんのサヨナラ公演でした。

和央ようかさんは、この作品の前の舞台でのフライング演出で上演中にフライング装置が外れてしまい2メートルの高さから落ちて大怪我を負っていました。

この稽古も入院中の病院から通って、無事に本番の舞台も成功させました。

 

「ネバー・セイ・グッバイ」あらすじ

1936年、ハリウッドでは「カルメン」をベースにした映画「スペインの嵐」の制作発表パーティが開かれています。

主演女優エレン・パーカー、そしてスペインの現役闘牛士として映画出演するヴィセント・ロメロ、映画プロデューサーのマークなどが勢揃いし、パーティは順調に進んでいました。

そこへ映画の原作者キャサリン・マクレガー(潤花)が突然現れ、「原作の内容が改悪されている」と猛抗議を始め、映画関係者たちと言い合いをする騒ぎに発展します。

この騒動を写真家でエレンの恋人ジョルジュ・マルロー(真風涼帆)がカメラを向け写真に収めていました。

ジョルジュの行動に激怒したキャサリンは、

「撮ったフィルムを返してもらうまで『さよならは 言わない』」

と言い放ちますが、ジョルジュは断ってしまいます。

 

この日の夜、キャサリンはジョルジュのアトリエに写真を取り返しにやってきます。

そこでジョルジュの撮った写真の数々にキャサリンは目を奪われ、ジョルジュは自身の生い立ちを語ります。

ポーランド生まれのユダヤ人であること、母国の混乱によってパリで暮らしていること。

ジョルジュは「フランスの風俗写真」が評価され名のある写真家として活動していました。

アメリカ生まれのキャサリンは家柄の良さや知識の豊富さに長けていましたが、ジョルジュの考え方に反発を覚えながらも尊敬の気持ちが生まれていました。

お互いに惹かれる存在となり、ふたりは再会することを約束して別れます。

 

映画「スペインの嵐」の撮影がスペイン・バルセロナで始まります。

スペイン内ではナチス・ドイツのオリンピックに対抗した形のスポーツ大会「人民オリンピック」の開催を控えており、開会式に映画プロデューサーのマークが招かれます。

ジョルジュは開会式に出席する闘牛士ヴィセントの取材のためにリハーサルに同行していました。

リハーサルが無事に終わるころ、スペインに内戦が起こったと知らせが届きます。

「人民オリンピック」の開催を良く思わないナチス・ドイツの側が裏で糸を引いており、「人民オリンピック」は中止、スペイン国内は混乱に陥ります。

ジョルジュは内戦の現状を伝えるためスペインに残る決意をし、アメリカへ帰国を決めたエレンと別れます。

一方で「世界作家会議」への出席のためスペインを訪れていたキャサリンは、ジョルジュと再会します。

統一社会党(PSUC)と統一労働者党(POUM)に分かれたスペインの内戦は激化。

社会主義のPSUMに属するフランシスコ・アギラールたちは、キャサリンを使ってイメージアップを図ろうとしますが拉致同然の扱い。

自由を求める民衆側のPOUMには、ヴィセントが闘牛士を辞め、スペインのために戦いに参加を決意。

ヴィセントやスペイン内戦で自由を求めて戦う民衆に心を打たれたジョルジュは、多国籍軍に入る決意をして戦場へ向かいます。

ジョルジュは死を覚悟し、自分の撮った写真をキャサリンに託します、、。

 

 

スポンサーリンク

宙組「ネバー・セイ・グッバイ」2022年と初演の配役を比較

2006年当時の宙組のメンバーは、後の男役スターがたくさん揃っていました!

大和悠河さん、早霧せいなさん、紫城るいさん、遼河はるひさんなど!

現在専科にいる凪七瑠海さんの最初の配属先は宙組でしたね。

トップスター和央ようかさんを始め、当時宝塚で一番背が高かった悠未ひろさんもいて長身スターさんも多かったですね。

なので、宙組=長身スターというイメージが当時はありました。

 

◆ジョルジュ:写真家

  • 初演:和央ようか
  • 2022年:真風涼帆

 

◆キャサリン:劇作家

  • 初演:花總まり
  • 2022年:潤花

 

◆ヴィセント:バルセロナの闘牛士

  • 初演:大和悠河
  • 2022年:未発表

 

◆エレン:女優、ジョルジュの恋人

  • 初演:紫城るい
  • 2022年:未発表

この作品の後、宙組娘役トップスターとなりました。

 

◆フランシスコ・アギラール:社会主義派の一員

  • 初演:遼河はるひ
  • 2022年:未発表

個人的には、遼河はるひさんの悪役ぶりがとても良かった覚えがあります。

このあとに月組へ異動となったんですが、今後が楽しみなスターさんだなという印象が強く残った役柄でした^^

 

◆マーク:映画プロデューサー

  • 初演:立ともみ
  • 2022年:未発表

 

◆コマロフ:社会主義派

  • 初演:磯野千尋
  • 2022年:未発表

 

 

まとめ

2022年に16年ぶりに再演される「ネバー・セイ・グッバイ」についてまとめました。

和央ようかさんは大怪我をしてリハビリ中にサヨナラ公演のお稽古をしていたんですね。

怪我を考慮してダンスシーンがほとんどなかったというファンにとって残念な部分もありましたが、たかこさんの魅力が全く衰えない素晴らしい舞台だったことが幸いだったとおもっています。

和央ようか・花總まりコンビの絶大な人気から、千秋楽後のサヨナラショーが宝塚歌劇専門チャンネル「スカイステージ」2002年の開局以来初の生中継が行われたほどでした!

2022年に至ってはライブ配信も広まって千秋楽も気軽に見られる昨今、当時は画期的でファンには嬉しい企画でした^^

「ネバー・セイ・グッバイ」で初舞台を踏んだ真風涼帆さんのジョルジュ、楽しみです!

スポンサーリンク