【宝塚演出家】小柳奈穂子おすすめ作品まとめ!デビューや入団のきっかは?

宝塚歌劇の演出家 小柳奈穂子さんの作品で私のおすすめをまとめました。

小柳奈穂子先生のデビュー作や宝塚に入ったきっかけも気になります!

小柳奈穂子先生についてまとめました!

 

スポンサーリンク

小柳奈穂子先生のおすすめ作品!デビュー作は?

小柳奈穂子さんのプロフィールを紹介します。

小柳奈穂子(こやなぎ なおこ)

  • 生年月日:1976年9月17日
  • 出身:長野県松本市生まれ、東京育ち
  • 最終学歴:慶應義塾大学文学部

 

1999年 宝塚歌劇団に入団

演出家デビュー作は、2002年の月組バウホール公演「SLAPSTICK」

主演は霧矢大夢さん!ヒロインは紫城るいさん。

大劇場デビュー作は、2011年星組「めぐり会いは再び-My only shinin’ star-」

 

小柳奈穂子先生の作品はほとんどがオススメ!

私は小柳奈穂子先生の作品を全部を観ている訳ではないですが、全部オススメというくらいどの作品を観ても損なしだと思っています。

 

個人的におすすめをまとめました。

大劇場公演

2013年雪組:Shall we ダンス?

2015年雪組:ルパン三世-王妃の首飾りを追え!-

2017年雪組:幕末太陽傳

 

大劇場公演は、雪組ばかりになりました^^;

「Shall we ダンス?」は、映画とはちょっと違う部分もありましたが世界観はそのままの良い作品でした。

当時2番手の早霧せいなさんが女役に初挑戦した作品でもありました。きれいでした^^

 

「ルパン三世」はオリジナルストーリーの中でしっかり「ルパン三世」だったところが良かったです!アニメでもこんな面白い話ないんじゃないかと思うくらいでしたw

個人的には夢乃聖夏さん演じる銭形警部が大好きです!

この作品は、モンキー・パンチさんにも高評価だったんですよ!

 

その他の劇場

  • 2007年雪組:シルバーローズクロニクル
  • 2011年月組:アリスの恋人

 

小柳奈穂子先生の作品を初めて観たのが「シルバーローズクロニクル」でした。

主演の彩吹真央さんをオタク男子にするという設定が最高でした!さらに当時人気急上昇中の凰稀かなめさんのカッコいいことといったらなかったです!

 

「アリスの恋人」は開演時間を間違えて遅刻してしまった思い出(/_;)

アリスの世界をベースにしているので、キャラクターを掴みやすかったところが良かったです!(なので途中から観てもわかりました^^;)

当時娘役に転向したばかりの愛希れいかさんがヒロインでした!明日海りおさん主演という豪華なキャストも!珠城りょうさんは「うさぎ」役でした^^

■【宝塚演出家】上田久美子の経歴や入団のきっかけ!人気作や評判は?

 

スポンサーリンク

小柳奈穂子先生の宝塚入団のきっかけは?

小柳奈穂子先生が宝塚を知ったのは、高校生のとき。

友達が貸してくれた小池修一郎先生演出の「PUCK」を観て、宝塚でなら自分も役に立つのでは、と考えたことからでした。

 

宝塚の世界に衝撃を受けた小柳奈穂子先生は、本屋で「PUCK」を特集した記事のある本を見つけます。

小池修一郎先生のプロフィールをみて「宝塚に入るなら慶応なんだ!」と思い、願書を買って家に帰りました。

小池修一郎先生と同じ慶応大学へ入った小柳奈穂子先生の実力はすごいです!

 

小さいときから文学が好きで、両親、親戚などの関係で演劇に触れる機会が多かった小柳奈穂子。

脚本を書く、ということは小学校の高学年のときに「若草物語」を書いていてすでに体験済み。

自分には物語を生み出す才能はない、と感じていた小柳奈穂子先生にとって原作のある作品にひと味加えてまとめることは楽しい作業でした。

 

大学時代は演劇関係のバイトを楽しみすぎて宝塚への情熱を思い出したのが大学三年生の就活を始めるときでした^^;

宝塚の人材募集の広告へすぐ応募します。そして大学3年生の冬に見事合格をもらいます。

大学で単位をほとんど取得しているからとゼミの先生の許可があったことから、翌年には大学卒業前から宝塚での仕事をスタート!

小柳奈穂子先生の経歴を見ると「1998年 宝塚歌劇団の嘱託の演出助手」と書いてあるんですが、このことなんですね!

 

卒業1年前から宝塚歌劇の仕事を始めた小柳奈穂子先生は、仕事が大変ということよりも「専用劇場があること」に感動!

劇団の練習場所の確保のために公民館の抽選に並ばなくてもいいことや、チラシを折り込む必要がないことの嬉しさがあったんだそうです。

■星組「GOD OF STARS(ゴッドオブスターズ)」あらすじやキャスト!退団者は誰?

 

まとめ

小柳奈穂子先生が演出する宝塚作品は、全てがオススメです!個人的には「ルパン三世」「幕末太陽傳」が好きな作品です。

小柳奈穂子先生の演出家デビューは、2002年月組バウホール公演「SLAPSTICK」、大劇場デビューは2011年星組「めぐり会いは再び」です。

宝塚歌劇に入るきっかけは、高校生のときに友達が貸してくれた「PUCK」を観たことで宝塚歌劇に興味を持ったことでした。

その後、「PUCK」を演出した小池修一郎先生と同じ慶應義塾大学を卒業して1999年に正式に宝塚歌劇へ入団します。

小柳奈穂子先生の作品はどれを観ても本当に面白いです!ぜひ観てほしいです!

スポンサーリンク