元宝塚トップスター越路吹雪の性格や人気は?夫や私生活についても

テレビ朝日系昼帯ドラマ「越路吹雪物語」は、戦前戦後に活躍した男役トップスターの越路吹雪さんの生涯をドラマにしています。

越路吹雪さんと言えば、シャンソンの女王として有名な昭和の歌姫!

その歌手の原点を作った宝塚歌劇団に所属していたこと、知られていなかったりします。

ドラマで描かれた越路吹雪像は本当?

越路吹雪さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

越路吹雪さんの性格はやトップスターとしての人気は?

越路吹雪さんのプロフィールはこちら!

越路吹雪(こしじ ふぶき)

本名:内藤美保子(旧姓 河野)

 

生年月日:1924年2月18日

没年月日:1980年11月7日

出身:東京都

 

【宝塚歌劇時代】

1937年に音楽学校へ入学

1939年 初舞台 月組「宝塚花舞台」 (役柄:たんぽぽの精)

1943年 花組へ異動

1944年 花組トップスターに就任

1950年 退団

月組公演「春のおどり」

愛称:コーちゃん

宝塚歌劇27期生

同期生:月丘夢路、乙羽信子、東郷晴子、大路三千緒 など。

 

越路吹雪さんが宝塚に入ったきっかけは、父親の薦めからでした。

小さい頃から歌が好きで、いつでもどこでも歌っていた娘を「歌を歌っていける場所」として宝塚歌劇団入団することになりました。

父親の転勤で新潟で宝塚入団前まで過ごします。新潟で過ごしたことが「越路吹雪」という宝塚での芸名の由来です。

父親がつけてくれたということで、かなり宝塚入りに協力的だったということなんですね。

歌の大好きなコーちゃんは、無事宝塚歌劇の団員となって15歳で初舞台を踏みます。

姉御肌で面倒見の良い性格で、越路吹雪さんは後輩から慕われる存在でもありました。

同期の月丘夢路さんは、美貌が飛び抜けて良かったことでいじめにあっていました。それを見かねた越路吹雪さんが助けてくれたというエピソードが。

同期のためなら、という気持ちは、現在の宝塚歌劇でも見られることです。

音楽学校の厳しい校則や舞台に立ってからは上下関係がしっかりとしている宝塚にとって、同期は気持ちを理解し合える一生ものの仲間となるんですね。

 

トップスターとなったのは20歳のとき。

当時は戦争直前で、宝塚歌劇の存続もあるかないかわからない状況でした。

退団する生徒がいる中、若手で人気となっていた越路吹雪さんがトップスターに大抜擢となりました!

トップスターとなってからは「ブギウギ巴里」でレコードデビューも果たしています。

この当時は、宝塚以外の外部出演も多かったんですね。宝塚に在籍したまま映画出演や舞台出演もしています。

宝塚歌劇団が女性だけなのは何故?最初の演目や創設のきっかけは?

 

スポンサーリンク

結婚や退団後の生活について

1950年、26歳の時に宝塚歌劇団を退団します。

退団後は、ミュージカル女優として東宝で活躍します。退団直前に出た舞台「モルガンお雪」に出演した越路吹雪さんは、実は現在数多くいるミュージカル女優の第一号でした。

 

結婚は35歳のとき。

内藤法美さんの職業は、作曲家。二人に子供はいませんでした。

私生活では、ごくいたって普通の奥さんとして夫を献身的に支えました。越路吹雪さんの得意な家事は掃除!

さすが、宝塚音楽学校の掃除は隅々までキレイにというのが鉄則なので板についていたんでしょうか^^

昼帯ドラマ「越路吹雪物語」に出演している宝塚出身の卒業生まとめ!

 

まとめ

越路吹雪さんは、戦前戦後に活躍した男役トップスターでした。

越路吹雪さんの性格は姉御肌で頼り甲斐のある性格でした。不良少女と言われていましたが、男役を極めるためにしていたこともありました。

作曲家の内藤法美さんとは、亡くなるまで仲の良い夫婦としてお互いを想い合う仲でした。

シャンソンの女王にも、宝塚で初舞台を踏んで、そしてトップスターになるまでの苦労がありました。

大きな舞台でも緊張で震えていたというのも意外な事実でしたが、どんなに大きな舞台に立っても堂々としている越路吹雪さんの姿を思うとギャップがすごいなと思いました。

退団後も絶大な人気でチケット入手困難だったシャンソンの女王!今に続く宝塚の道に越路吹雪さんというトップスターがいたこと、これからも忘れません。

スポンサーリンク